読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Just $ A sandbox

プログラミングと計算機科学とかわいさ

鬱モード全開だったときに

今から大体3年くらい前の、大学学部2回生の頃に唐突に精神が死んだことがあった。

という話をするけど、この先読んでも特にオチはありません。
ただの身の上話なので。

非常に運がよかったため自分は3回生の進路振り分け的なものに必要な単位を前期で全て揃えていたので これによる留年及び進路が狭められるといった良くない結果が将来にもたらされることは一切なかった。
これがもう2-3ヶ月早く発症していたら、専門も2回目の語学も落として無事留年が確定していたので運がよいというレベルではなかった。

で、精神が死んでいた頃、毎日大学にも行かず、家でずっとつらいつらいと思いながら日々を過ごしていた。
具体的に言うと次のような一日を過ごしていた。

  • 朝11時前後に起床する。今日も2限に寝坊したという絶望感と、そのくせに全く疲れが取れておらず、眠いし体中のだるさに悲しくなる。
  • ツイッター等を眺めるが眠いしどうでもいいツイートが並んでいてつまらない。けれど何もやる気が起きないので30分くらい見てる。
  • 起きるのが遅いので昼ごはんも遅くなる。12時半くらいにご飯を食べながら、いやいやもう3限目今更行ってもしょうがなくないか…という気持ちになる*1
  • 13時を過ぎてやはり3限目に行かなかったことにじわじわ罪悪感を覚え始める。
  • 暇すぎて趣味(絵/プログラミング/ゲーム/勉強etc)をするが眠いし全く脳が働かず、集中できず10分も持たない。どうでも良いことをネットで調べたりぼーっと動画を見たりして時間を潰す。
  • 気がつくと4限・5限もぶっちしている
  • 19時を回り「今日も何もしなかった…」と思う。
  • 22時を回り段々目が冴えてくるが「今じゃないんだよ」という気持ちになる
  • 2時ごろになって「そろそろ寝ようかな」と思う
  • 布団に入るが全く眠れない。布団の中で「明日もまたこの無意味な一日を繰り返すのか」と思って悲しくなる。
  • 実際に眠るのは布団に入って2-3時間後

自分は趣味が多いほうだと思っていたのだけれど、どれも全く楽しめず、集中力も持たないのですぐやめていた。
結局自分から何も考えなくても時間が潰れる動画サイト等に行き着くのだけれど「自分は何でこんな無駄なことをしているのだろう」という気持ちがあるのでそちらでもあまり楽しむことはできなかった。

そもそも睡眠の質が低すぎて日中ずっと眠いというのが一番キツかったけれど、ずっと引きこもっているので体力が有り余った状態で布団に入っても眠れないのでどんどん睡眠のリズムが崩れるというのを繰り返していた気がする。
可能なら外に出れる状態のうちに毎日少しでも外に出るというのをやってみるといいと思う。あるいは太陽の光を直接浴びるとか。これをやるかどうかはかなり重要だと思うので今は割とそうしてる。

一応他の人につらいという愚痴をこぼしてみたりもしたことがあるが、あんまり解決はしなかったのと自分のゴミっぷりを再確認することで余計つらい気持ちになれたのであまりおすすめはしない。

で、結局どうやって解決したかというと多分外に出れたのがきっかけだったように思う。

そもそもこの生活を始めてしばらくしてから、外に出るのも怖く、大学はおろか近所のコンビニに行くために玄関に立つだけで何か恐ろしくなって行くのをやめるという感じで、一切家の外に出ることができなかった。

しかし流石にこのままではまずいと思い、大学のカウンセリングセンター的なところを訪れようと決意したのだった。
当然、カウンセリングセンターに行くには大学に行かねばならず、これは自分にとって非常に高いハードルだったので、カウンセリングを受けることを決心するのにn日、カウンセリングセンターの場所を調べることを決意するのにn日、センターの人に伝えるべき自分の今の状況を頭の中でまとめるのにまたn日というすごい時間をかけていた気がする。

まぁとにかくカウンセリングを受ける決意は固まり、しかしいきなり大学に行ってカウンセリングを受けるのは難しそうだったので、
「まずは大学に行ってセンターの前を通過し、そして改めて後日訪れよう」という感じの決意を固めて家を出たのだった。

結論から言うとこの「今日は建物の前を通過するだけで中には入らないぞ」という決意は自分の心を非常に軽くしてくれるとても良い決意だったみたいで、
結局その日は大学に行くのだけれど、大学に着いてから「あれ、でも大学来れたなら授業出ればいいじゃん」となって、その翌日から普通に授業に出始めたのであっさりと治ってしまうのだった。

まぁとにかく、この「まずは前を通過するぞ」というつらい行動を2ステップに分けるタイプの決意は非常に有効なので、
困っている人はよければ参考にしてください。

ちなみにコレ以降、ひきこもりから抜けれなくなって精神がやられるタイプの精神的なつらみはほぼなくなるのだった。
今では規則正しい睡眠リズムと毎日外に出るのは重要だなと思ってる。

おわり

*1:補足しておくとその頃とっていた授業は2限目に講義、3限目に演習というタイプのやつが多かった